経営計画
TOP >  経営計画 >  公社改革後の実績 >  事業実績

事業実績

  1. (1)森林整備

    公社では、森林の健全な育成を図るため、これまでは保育事業を中心に実施してきましたが、造林木の成長に伴って、平成23年度から保育間伐が減少し、利用間伐が増加しています。平成25年度からは、主伐期に達した林分を対象として、択伐を開始しました。

    また、契約期間を70年に延長しない一部の造林地については、平成23年度から皆伐を実施し、収益を分収した後に、土地所有者へ返還しています。

 

 

 

  1. 公社造林地を齢級別にみると、伐採利用が可能なⅧ齢級(36年生)以上の面積が5割を超え、今後は、利用間伐、択伐等の収穫事業が増加します。

注:齢級とは5年を一括りに1~5年生をⅠ齢級、6~10年生をⅡ齢級と称する。

 

 

  1. (2)素材生産

    収穫事業により、素材生産量は次第に増加しています。平成17年度から5年間は、年平均7千㎥でしたが、平成23年度からの5年間は、年平均43千㎥と急増し、岡山県の素材生産量の1割を占めるようになっています。

 

 

 

  1. (3)受託事業

    1. 県営林事業

      林政課所管の県有林(2,399ha)及び県行造林(2,822ha)における森林整備事業等を実施しています。
      [平成28年度事業] 間伐13ha、作業路新設1,230m、作業路補修3,400mほか

    2. 水源林事業

      岡山県企業局所管の電源造林(343ha)及び工業用水源造林(192ha)における森林整備事業等を実施しています。
      [平成28年度事業] 幹線管理歩道補修2,568m、境界刈払1,080mほか