森林経営管理制度市町村支援業務
TOP >  森林経営管理制度
市町村支援業務
 >  業務の概要

業務の概要

おかやまの森整備公社は「森林経営管理制度」の推進を
サポートします

森林経営管理法が平成31年4月1日に施行され、森林経営管理制度が推進されることになりました。

公社では、市町村における森林経営管理の取組を支援するため、これまでに取り組んできた針広混交林施業と間伐等収穫事業の成果と技術を活用して、専門的人材の確保・育成、森林経営管理の技術支援などの業務を、岡山県から受託して実施します。

また、市町村が管理する林業経営に適さない森林についても、施業提案、間伐等事業の実施など、市町村をサポートするための業務を検討しています。


おかやまの森整備公社の支援業務

1 専門的人材の確保・育成(森林経営管理制度推進人材バンク)

  • 市町村が雇用する地域林政アドバイザー及び業務推進員の募集、情報提供
  • 新たな森林経営管理制度の実施に関する実務研修の開催
  • 市町村、地域林政アドバイザー、業務推進員からの相談対応など

2 森林経営管理の技術支援等

  • 森林経営管理技術(森林情報の把握、森林の管理方法等)の情報提供及び相談対応
  • 針広混交林誘導事例集の配付や展示林の設置など
①森林の経営管理業務を担当する人材募集、②森林の経営管理技術相談など
ぜひ公社にご連絡ください。※①の人材募集の業務は令和元年10月以降の実施となります。
相談窓口 おかやまの森整備公社「森林経営管理推進支援チーム」TEL 0868-28-9075


資料・関連リンク

市町村担当職員の皆様へ(PDF)
森林経営管理制度について(林野庁サイト)