公社案内
TOP >  公社案内 >  分収造林事業実績

分収造林事業実績

公社の造林事業は、昭和40年度から平成6年度までの30年間を計画期間とする「公社造林長期計画」に基づき、25,000haを目標として推進されました。

平成6年度には、多くの森林組合が経営基盤を造林事業に依存しており、伐採跡地における再造林についても課題とされたことから、公社造林事業の継続が強く求められ、平成7年度から平成16年度までの10年間に1,200haの植林を行う「第2次公社造林長期計画」を策定しました。


長期計画別造林実績

(単位:ha)

区分 年度 箇所数 計画面積 実績面積 備考
第1次長期計画 S40~H6 4,078 25,000 25,002
第2次長期計画 H7~H12 167 1,200 732 H12年度で中止
4,245 26,200 25,734 現有23,822ha






第2次計画については、将来の収支悪化に対する懸念から、平成12年度をもって中止しましたが、それまでの36年間に合計25,734haの人工造林を行いました。


公社の年度別人工造林面積